スワロクリスタルを使用しTシャツやジャージ等にオリジナルモチーフを施す
カスタムオーダー・クリスタルアートブランド『プレジャードーム』

スワロフスキークリスタルについて

■ スワロフスキー社について

スワロフスキーという社名は創設者のダニエル・スワロフスキーというボヘミア(現在のチェコ)出身の職人からとったものです。スワロフスキー社は、創業1895年。オーストリアのチロルに本社を置くクリスタルカットガラス、クリスタルジュエリーストーンを製造販売する会社の名前です。100年以上の歴史と実績を誇るスワロフスキークリスタルガラスはその美しい輝きと精巧なカットにより、ダイアモンドとも並び称されクリスタルブランドの最高峰に位置しています。
オーストリアのスワロフスキー、チロル本社では、年間200億個以上のクリスタル・ジュエリー・ストーンを製造販売。 ファッション・ジュエリー用としてのカット・ストーンは、19世紀始め頃から家内工業として生産されていましたが、1892年スワロフスキー社のマシンカットによる製品が開発されてから他でも広く使用されるようになりました。 今日では「スワロフスキー」といえば、クリスタル・カット・ストーンの代名詞となっているほど広く知られていて、世界のクリスタル技術の先駆者として存在し続けています。

■ スワロフスキークリスタルカットガラスの特徴

クリスタルには天然の水晶とクリスタルガラスがあり、ケイ石・石炭・ソーダなどを高温で溶かし混ぜ合わせ酸化鉛を加えることで、透明度の高いクリスタルガラスが生まれます。輝きはとてもシャープで、ダイヤモンドと比較してみても、同様の光沢を放ちます。 クリスタルガラスといわれるものは酸化鉛(PbO)の含有量は8%程度以上のものをいい、24%程度以上のものをフルクリスタルと言います。(ヨーロッパ諸国では30%のものをフルクリスタルと準じます。) スワロフスキークリスタルは最低32%以上含有されており、含有量が上がるほど透明度や光の屈折率が高くなり輝きを増すため、通常のクリスタル(透明)カット製品でも、スワロフスキーのクリスタルは光の反射加減で、よりいっそう虹色に見えるというわけです。さらに重要な点はクリスタルガラスの「カット技術」で、スワロフスキー社では長年の知識・経験に基づいた現在のクリスタル業界において卓越した世界最高水準のカット技術を誇っています。

■ 世界中でその美しさを魅了するスワロフスキー

スワロフスキーのストラスは、かの有名なゴージャスなヴェルサイユ宮殿やカーネギーホールで長い年月、使用され続けています。これほどクリスタルガラスが世界にあふれる中、スワロフスキーが使われるのはやはり世界TOPの品質であることの証明といえるでしょう。また、近年ではNYのメインのクリスマスツリー(ロックフェラー前)のトップの星や25000個のオーナメントすべてがスワロフスキーのクリスタルカットガラスを使用しており、そのすばらしさを全世界でより一層広めました。